シーメンス

一人ひとりに、ベストな聞こえを。補聴器の限界に挑み続けています。

聴力の低下に対する感じ方や問題点は、それぞれ異なり、すべてのご要望にお応えすることは簡単なことではありません。
しかし、シーメンスは、その難題に挑戦し続けています。個々の聴力やご要望に合わせた聞こえをご提供するために、たゆまぬ製品開発、丁寧な生産工程、そしてフィッティングソフトの改善などを通して、みなさま、一人ひとりに、ベストな聞こえをご提供したいと考えています。
今後、日本が世界でもトップレベルの高齢化社会を迎えていく中で、歳をとっても多くの方に充実した毎日を送っていただきたい。そのために、日々、努力を続けています。

シーメンスは130年以上、聞こえのケアに取り組んでいます。

シーメンスは130年以上にわたって、技術と経験を積み重ねてきました。
1878年にベルナー・フォン・シーメンスが、最初の難聴補助機器「Phonophor」を開発して以降、音響学の最先端を切り開いてきました。その結果として、今日のBestSoundテクノロジーは、聴覚技術の主流となりました。
シーメンスは、単なる聴力の補助だけではなく、包括的なサポートを提供しています。
聞こえに不自由な方の生活の質を向上すること。それがシーメンスのゴールなのです。


積極的に補聴器を付けて人生をもっと楽しんでもらいたい。そんな想いから生まれたカラフルな耳あな型補聴器Insioが2013年のグッドデザイン賞を受賞しました。


シーメンスは、Oldenburg大学との共同研究により、両耳通信システム(e2eワイヤレス)を開発。
ドイツの最も革新的な発明や技術に与えられる賞「ジャーマン・フューチャープライズ」を受賞しました。


ベストグローバルブランドランキングで45位を獲得。
Interbrand社が毎年実施しているベストグローバルブランドランキングは、企業や商品のブランド価値を金額に換算してランク付けするもので、世界的にも名立たるブランドが並びました。
シーメンスは、2012年の51位から、2013年は45位にランクアップし、引き続き補聴器メーカーとしてもトップに位置しています。
製品はもちろん、経営状況や企業姿勢なども含めて、シーメンスが努力を重ねている結果と言えます。


補聴器本舗へのお問い合わせ